今季のサンマ水揚げ量 去年を上回る

2018-10-31
海と日本PROJECT in 岩手

サンマ漁はシーズン中盤を過ぎました。

今シーズン県内のサンマの水揚げ量は記録的不漁だった去年をすでに上回りました。

25日朝の大船渡市魚市場。続々と大型サンマ船が入港してきました。

青森県や北海道の沖合から一昼夜かけて大船渡にやってきた乗組員たちの表情は晴れやかです。

サンマの水揚げ

  1. 入港するサンマ漁船
  2. この日は中型サイズがメインでした。
  3. 魚体も昨年よりいいそうです。

 水揚げが始まると、買受人たちはさっそくサンマを手に取り、大きさや鮮度などを確かめていました。

今年大船渡市魚市場のサンマの水揚げ量は25日までにおよそ1万600トン。

去年の同じ時期の4700トン余りと比べるとおよそ2.3倍の水揚げ量です。

買受人の評価も上々で、

シーズン当初、一時水揚げが鈍ったこともあっただけに漁業関係者はホッとしていました。

イベント名サンマの水揚げ(大船渡市)
日程2018年10月25日
場所大船渡市魚市場(大船渡市)

関連リンク

ページ上部へ戻る