「海」と「瑚珀」が夢のコラボ!「琥珀丼」【久慈市】

2017-12-8
海と日本PROJECT in 岩手

新鮮な“海の幸”と、光り輝く“瑚珀”が有名な久慈市。

道の駅・やませ土風館のレストラン「山海里」に、そんな久慈の名物がコラボした一品があるのをご存じでしょうか。

その名も『瑚珀丼』

いくら、まぐろ、サーモン…。色彩豊かな海の幸が、ご飯の上にぎっしりと敷き詰められています。

 

ただ、瑚珀丼の醍醐味はここから。

食べ進めていくと、なんと中からはオレンジ色のウニが!

実はこの瑚珀丼、どんぶりの中が4層構造。

まるで瑚珀を採掘するかのように、食材という“お宝”を探しながら味わうことができるのです。

「海」と「瑚珀」が夢のコラボ!「琥珀丼」

  1. 食べ進めると、色鮮やかなウニを発見!
  2. 注文した方には久慈原産瑚珀が付いたストラップをプレゼント
  3. 久慈の郷土料理「まめぶ汁」も付いてきます

もちろん、美味しさも百点満点!

久慈の名物が見事にコラボして生まれた瑚珀丼。

みなさんも、海と瑚珀の豪華な共演を、ぜひともお楽しみください。

イベント名「海」と「瑚珀」が夢のコラボ!「琥珀丼」
場所道の駅・やませ土風館 レストラン「山海里」(久慈市)

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る