menu

海活インタビュー#2「のだ塩工房 野竹長吉さん」

岩手県野田村で昔ながらの製法で塩を作り続ける「のだ塩工房」の工房長 野竹長吉さん。

北三陸では江戸時代から塩づくりが盛んで、牛の背に塩を積んで内陸部へ運んでいた歴史があります。

塩の専売制に伴い、一時は廃れた塩づくりを復活させたのが「のだ塩工房」です。

東日本大震災の津波で前の工房は流されてしまいましたが、平成24年に村内の高台に工房を再建し、塩づくりを続けています。

PAGE TOP